ASUS X202E 画面割れの液晶修理 タッチパネル


ASUS X202Eの画面割れの液晶修理をさせていただきました。

 

X202Eの液晶は2層構造になっており、液晶タッチパネル、液晶パネルと別れております。

今回のお客様は液晶タッチパネルの割れでした。

 

タッチパネルはメーカー問わず、最近のノートパソコンに搭載されるようになりましたが、部品の入手がまだ安定していないという所が修理店泣かせでもあります。

 

X202Eは当店でもなんども修理をさせていただいておりますが、部品が入る時、入らないときがあります。

 

今回のお客様とは電話で色々と相談をさせて頂きましたが、

 

「実際にタッチ機能は使うことがない」との事でしたので、液晶タッチなしのパネル(液晶ガラス)の取り付けを行う運びとなりました。

 

 

液晶ガラスと、タッチパネルの違いは、タッチがあるかないだけで、見た目は全く同じです。

 

このASUS X202Eの液晶割れでよくあるのが、タッチパネルが割れてはいるが、表示自体に問題はなく、そのまま使用されている方は結構いらっしゃいます。

 

上記の場合は特に問題はないと思いますが、

タッチ画面が割れてしまうと、 「勝手に画面が押されてしまう。」 という誤動作を引き起こす場合があります。

 

この症状の場合は、無理やりでもパソコンを使用することはできないために、タッチパネルを交換する必要があります。

 

 

 

 

asus x202e 液晶ガラス、液晶パネル

 

 

画像が小さくわかりずらいと思いますが、キーボードの上にある液晶が、パソコンから取り外しをした液晶タッチパネルです。

すでにノートパソコン側には液晶ガラスが取り付けられております。

 

windows8の発売を機に、最近はタッチ機能を持ったノートパソコンが色々と発売されておりますが、実際にタッチ機能を使用されている方は少ないと思います。(当店調べ)

 

修理店から言わせていただければ、故障することを前提でノートパソコンを購入する方はいないと思いますが、タッチ機能であったり、ウルトラブックであったりと、標準のノートパソコン以外を購入する場合は注意が必要です。

 

万が一故障の場合は、修理代金が高額であったり、部品入手ができない場合があります。

ただし、修理代金が高額でも問題ないようであれば、メーカーでは修理可能です。

 

今後タッチ機能を搭載したノートパソコンの需要が今以上に高まれば部品の流通も安定してくると思いますが、現時点ではどのメーカーも安定しておりません。

 

macbook airが発売された当初は部品が一切流通せずに、修理不可としてお断りするケースがよくありましたが、約2年してから部品の流通が安定しました。

上記の事から今後部品が出回るのかはわかりませんが、修理店としては流通する事を望むばかりです。

 

 

 ASUSのノートパソコン修理実績はこちらで確認ができます。

 

 

【ASUSのノートパソコンの故障であれば、当店で格安修理する事が可能です。】

 

 

【液晶故障関係】
・液晶画面が割れてしまった、ヒビ、亀裂が入っている。
・液晶画面に線が入っている
・液晶がうっすらとしか表示されない
・液晶に線が入っている。
・液晶の表示がおかしい

 

 

 

【キーボード故障関係】
・キーボードが入力できない。
・部分的に効かないがある。
・飲み物をこぼしてしまい、入力できなくなった。
・「キー」が取れている、故障している。

 

 

 

【電源故障、マザボード故障関係】
・パソコンの電源が入らない。
・電源を入れしばらくすると電源が落ちてしまう。
・電源を入れても画面に何も映らない。
・液晶の表示がおかしい。

 

 
【HDD故障関係】
・ブルースクリーンが出ている(背景が青に、白文字)
・パソコンが固まる、動作が重い。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

〒276-0032
千葉県八千代市八千代台東1-44-13 越塚ビル2F
パソコン本舗
TEL:047-494-0940

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です