MacBook Pro 2016 画面がうっすらとしか映らない修理・買取


MacBook Pro 2016をお使いの方で、画面がうっすらとしか映らなくなってしまったの事でパソコン修理の依頼がありました。

 

MacBook Pro 2016 画面うっすらの修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
今まで全く問題なく使えていたMacBook Proですが、突然画面が映らなくなってしまいました。
インターネットで色々と情報を確認していく中で画面が映らな状態であることがわかりますが、操作が全くと言って良いほどをできないので修理をお願いできればと思います。

Macの画面がうっすらとしか映らなくなってしまった場合、何をすれば良いのか?

MacBook Pro を購入してから何年か経過してくるとパーツに劣化が発生してきますが、画面がうっすらになってしまう症状も劣化によるものです。
全く使うことができなくなってしまうのでパニックになってしまうと思いますが、まずは外部ディスプレイなどを使って表示させてみることがポイントです。
外部ディスプレイとはデスクトップに使われるモニターであったりテレビなどを指します。 HDMIポートから外部ディスプレイ側にケーブルを挿し、外部ディスプレイ側で表示されるようであればロジックボード故障というよりは液晶パネルと故障の可能性が高いです。
どちらにしても修理をする必要があるのですが、修理前のバックアップなどに役立てることが可能です。

MacBook Pro 画面うっすら

画像はMacBook Proをお預かりして電源を入れた状態ですが、全く画面に信号が届いていない状態です。
MacBook Pro 2016年モデルは電源が入っていればトラックパッドのクリック感があるのですが、今回はクリック感があるために通電されているのは間違いありません。
液晶内部を覗き込むと微かにうっすらとリンゴマークが確認できていたので中で動いている感じがあります。
外部ディスプレイに接続をすると問題なく映り、Mac OSのログイン画面を確認することができておりますのでデータも残っております。
現時点では液晶故障と思われますのでまずは液晶交換をして検証していきたいと思います。

液晶交換をさせていただきましたが画面がしっかりと見えるようになりました。
液晶交換には修理方法は二通りありますが、液晶全部の交換、液晶パネルのみの公開に分かれます。
今回はまず液晶全体を交換してみて問題なく映ることがわかりましたので、さらに修理費用を抑えるために液晶パネル交換のみをさせていただきました。
液晶パネルのみの交換で無事画面が映るようになりましたので、今回の画面がうっすらになってしまった原因は液晶パネルの故障であったことがわかります。

データに関しては残っている状態になりますので、当社の方でリカバリー(初期化)などもせず、触れることはありませんのでご安心下さいませ。

 

MacBook Pro の修理にかかった日数は?

今回のMacBook Proの修理内容としては液晶交換となりましたのでお預かりをしてから二日後には完了の連絡ができました。
液晶側の故障ではなくロジックボードなど基板関係が悪さをしている場合は調査に時間がかかりますんので1週間や2週間の調査期間が必要となります。

 

画面がうっすらとしか映らないMacでも買取が可能です!

当店はパソコン修理店になりますが、壊れてしまったパソコンの買取も行なっております。
今回のようなMacBook Proの画面がうっすらな状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です