MacBook Air 画面に縞模様の線が入ってしまった修理


MacBook Air 2020年モデルA2337をお使いの方より、画面故障でパソコン修理の依頼がありました。

 

Mac 縞模様の線が入ってしまった修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
机から落とした後、画面に細かい横線が出てきました。

MacBook Air 画面が縞模様

MacBook Airの画面を確認させていただくと全体的には何となく見えております、表示がおかしいのはすぐに分かります。
全体的に横に縞模様に入っているのか見てますがよく見ると右下部分で若干液漏れしている感じもします。

念のため外部ディスプレイではどのように表示されるのかのチェックをしたところ、全体が正常に表示されるのが確認できているので液晶パネル故障と判断しております。
ですので、修理方法としては液晶パネル部分だけの交換をしていきたいと思います。

A2337の液晶パネル交換のみをさせていただきましたが、正常を表示されるようになりました。
ログイン画面が確認できますが、当社の方でデータの消去などを行いませんので返却後を今まで通りのMacBook Airとして使える状態になりました。

今回の故障原因は本体の落下ということですが、MacBook Airの液晶パネルはクレジットカード一枚分程度の厚みしかなく、衝撃にかなり弱い印象があります。
Windowsのパソコンと比較するとmacの修理代金は高額となっておりますので、注意をしてくださいね。

 

縞模様の線が入ってしまった修理日数は?

修理方法としては液晶パネル交換となりましたが、部品の在庫が多くありましたので1日で作業は終了しております。
A2337は現行のMacBook Airとしては最新モデルになりますが、当社では現時点(2022/4)で数百台以上の修理実績ございます。
他店で納期がかかる、修理代金が高額になってしまう場合は一度ご相談くださいませ。

 

画面に縞模様があるMacでも買取可能です。

当店はパソコン修理店になりますが、壊れてしまったパソコンの買取も行なっております。
今回のようなMacBook Airに表示不良がある状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。