ブログ

ブログ

MacBook Air 2020(M1)のトラックパッドとキーボードが効かない修理

MacBook Air 2020 (M1 A2337) のトラックパッドとキーボードが効かないとのことで修理の依頼がありました。

 

MacBook Air 2020(M1)の修理実績

【故障のお問い合わせ内容】
Touch ID(電源)ボタンを除く本体キーボード全部と、本体トラックパッドが反応しない。
問題なく使用できていた状態から数時間ほど蓋を閉じて開いたところ、キーボードもトラックパッドも効かなくなっていた。
水没はしておりません。
・TouchIDボタン長押しでの再起動後も変化無し。
・バッテリー、給電状態、液晶モニタの状態は問題ありません。
・外付けキーボードを接続し、Apple Diagnosticsは実行できたのですが、「問題は検出されませんでした」(レファレンスコード:ADP000)となりました。
・外付けキーボードでセーフモードでの起動まではできたのですが、やはり本体キーボードもトラックパッドも効かず、ログイン不能となりました。

 

内容からすると結構珍しい症状になりますので分解調査をする必要がありますね。

 

A2337 トラックパッド交換

今回のMacBook Airの修理は他県からの依頼となりましたので宅配便を使って送っていただいております。
電源ボタンを押すとパソコン自体は起動しログインの画面も確認できるのですが、お問い合わせにもあるように電源ボタン以外の全てのキーが反応せずパスワードの入力が全くできない状態です。

また、この時点でトラックパッドも動かず、クリックできないといった状態です。
MacBook Air 2020年モデルのトラックパッドは電源が入っていればトラックパッドをカチカチと押せる仕様になっているのですが、電源が入っているにもかかわらずカチカチと押し込む動作ができない状態です。
ですので、トラックパッド側に信号が来ていないのが分かります。

現時点で考えられる故障箇所とすれば、キーボード、キーボードケーブル、トラックパッドあたりが怪しいと思いますので、まずはそれらのパーツ交換で様子を見ていきたいと思います。

色々なパターンで部品を組み替えたり検証を行ったところ、今回の故障箇所はトラックパッドのみとなりました。
トラックパッドに接続されているケーブルも怪しかったのですが、問題なく動いておりますので部品交換としてはトラックパッドのみです。

再度電源を入れてキーボードの入力ができるようになりトラックパッドも問題なく動作するようになりましたので修理は完了となりました。
今回のMacBook Airの修理はデータを残した状態で作業は終了しております。

キーボードとトラックパッドが全く反応しない場合はロジックボード側の故障の可能性も少なからずあるのですが、検証する限りでは問題は出ておりませんでした。

 

トラックパッド交換と調査にかかった日数は?

部品の在庫をがなかったので取り寄せを行いました。
海外取り寄せなので10日ほどかかりましたが、調査期間を含めると2週間以内で返却することができております。

 

トラックパッド故障があるPCの買取も可能

当店はパソコン修理店になりますが、トラックパッドが壊れてしまったパソコンの買取も行なっております。
今回のように故障がある状態で通常の買取店に買取査定をお願いすると、ジャンク品扱いという形になってしまい、思ったような買取金額にならないかと思われますが、当社では使えるパーツとしての査定を行うために減額査定でお悩みの場合は一度当社で買取査定の依頼をして頂ければと思います。

 

2024/5/2 動作が安定しない修理実績追加

【お問い合わせ内容】
・キーボードとトラックパッドが反応しない
・再起動で一時的に使える場合も多い。が、一定時間経つと使えなくなる。
・再起動しても全く使えない場合もある

お問い合わせ内容だけで確認すると安定しないといった状態ですね。

色々と検証した結果、今回の故障原因はキーボードとトラックパッドをつないでいるケーブルになりました。
キーボードやトラックパッド自体に故障はありません。
動作が安定しない状態だったので1週間ほどパソコンをお預かりさせていただきましたが、問題は解消されております。