修理事例詳細

修理事例詳細

MacBook Proの部品持ち込み修理 液晶が映らない

宮崎県宮崎市にお住まいの方よりMacBook Proの画面が映らないということでパソコン修理の依頼がありました。
遠方からの修理依頼となりますので宅配便にて送っていただく修理方法となっております。
また、通常のパソコン修理と違い、今回のお客様の場合はMacBook Proの部品自体を自分で用意し、当社の方で修理代行させていただく部品持ち込み修理となっております。

部品持ち込み修理の実績

【故障のお問い合わせ内容】
液晶が映らなくなった。
ビンテージのため、Appleで部品が無く修理が不可能なため、購入した液晶の持ち込みで交換して頂きたいです。

パソコンが到着し状態の確認をすると画面全体が真っ暗になっておりました。
機種としてはMacBook Pro 2017年モデルA1707となりますが、画面を見る限りでは液晶割れ、亀裂といったものはありませんでした。
パソコン自体は電源が入っていることは確認できており、単純に画面が映らないといった症状ですが、A1707の場合、当時バックライトにリコールがあったのでおそらくそこが原因ではないかと思います。
お客様の方で部品を持ち込みしていただいてるので交換をしてどうなるのか検証していきたいと思います。

液晶上半身交換をさせていただきましたが、画面が映る状態になりました。
ですので、今回の画面が映らなかった原因は液晶側に問題があったという判断になりました。
データが残った状態になりますのでこのままログインパスワードを入力すればいつも通りのデータでMacBook Proが使えるようになっております。

MacBook Proの部品持ち込みで修理にかかった時間や日数は?

当社でのパソコン修理にかかる時間や日数は忙しさよりも部品の在庫状況をで大きく左右されます。
今回のMacBook Proの修理はお客様の方で部品を調達し持ち込みによる修理依頼となりましたのですでに部品がある状態でした。
ですので、宅配便での修理となりましたが、到着した日に作業は終了しております。
時間としては30分程度で完了いたしました。

部品持ち込みによるメリットとデメリットは?

部品を自分で調達し当社の方で修理の代行をする場合は実質工賃のみで直すことができるので、最安修理が可能です。
ただし、当社の方で部品を用意しているわけではないので部品に関する保証は一切ございませんので注意が必要です。
今回の場合は100%液晶故障とは言えない状態でしたので、万が一これが液晶側ではなく、ロジックボード側の故障であった場合、せっかく用意した液晶が無駄になってしまいます。
その辺りが一番のデメリットポイントではないでしょうか?

部品持ち込みによる修理は通常修理とは内容が異なってきますので、気になる方はお気軽にご相談くださいませ。